閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. COUNTIF:文字列Aと文字列B、あわせていくつのセルに入力されてい…
  2. 画面キャプチャ(スクリーンショット)の方法ー標準ソフト:ペイントを利用…
  3. データを並べ替える方法:昇順で並べ替え,降順で並べ替え
  4. 読みから記号を入力する方法
  5. 名前に「様」を自動で付ける方法とは?[エクセル・書式設定]
  6. フレキシブルディスプレイとは?
  7. パソコン裏技&テクニック集:第10号・EXCEL書式設定,WORDペー…
  8. パソコン裏技&テクニック集:第79号 Excel:【MOD】関数の読み…
  9. パソコン裏技&テクニック集:創刊号
  10. パソコン裏技&テクニック集:第6号-エクセルでオリジナルのスケジュール…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

タグ:関数E

請求書を作る時など、翌月末支払、2カ月後の支払いなどに設定することがよくあります。カレンダーを見ながら入力するのは面倒だし、間違いのもと。せっかくエクセルを使っているのなら、計算式にまかせてしまいましょう。ここで使う…

月末締めの翌月末払い、などというとき、カレンダーを見ながら月末を入力するのは意外に大変。そんな時も、関数を使って求めることができます。使うのはEMONTH関数。具体的な使い方についてご案内します。EMONTH関数…

エクセルでは日付も計算できます。90日後の日付を求めたい場合は、90を足せば求めることができます。30日前の日付だったら、30をひけばいい。A1に基準になる日付がはいっているなら、それぞれ =A1+90…

単純に30日後、などでよければ日付のはいっているセル+30 でOK。つまり、A1に日付がはいっていれば=A1+30 で30日後の日付がはいるわけです。でも、月は30日だったり31日だったり28日だったり・・といろいろ…

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】

人気の記事

  1. エクセルでは、計算式で年齢を求めることができます。DATEDIF関数を使う方法が一般的です。…
  2. 普通の「条件付き書式設定」(数値が10のセルに色をつける、など)はもう使える!という方のためにお…
  3. やっと請求書のひな形ができました。数字だけ入れれば請求書ができるこの状態を壊したくありません。…
  4. 設定していた条件付きi書式を使わなくなった時、その条件を削除する必要があります。方法…
  5. 条件付き書式とは?条件付き書式とは、条件を満たしたセルにだけ書式を設定する機能です。この…
  6. Excelで計算をする時は、一番上または一番左に入力した数式をコピーするのが基本。通常は、そ…
  7. 文字入力画像
    会社の業務でGmailをお使いの方も多いと思います。Gmailのメールアドレスだけでなく、他…
  8. 入力に便利なショートカットキーマウスでほとんどの操作がすんでしまうエクセルですが、ショートカ…
  9. 日付の書式を変更する方法日付の入力されたセルを選択して、右クリック→をクリックすると、セ…
ページ上部へ戻る