閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第45号 ご質問におこたえします!もっとラ…
  2. マウスを使わず、キーボードだけで罫線や表を作る方法
  3. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクロ…
  4. ROUND・四捨五入する関数
  5. 最小値(最低値)を求める関数:MIN
  6. 関数で日付から曜日を求める方法とは?その1:WEEKDAY関数
  7. ワードで四則演算:足し算、引き算、割り算、掛け算(WORDで計算式・数…
  8. 拡張子を表示させたい/拡張子とは?
  9. ワードでダミーテキストを入力する方法(WORD入力の裏技)
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という区分でデータを引用することができる関数(例:成績、運賃表など)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

VLOOKUPは「コード番号などを入力すると商品名を表示する」というような用途で使われることが多い関数です。

でも、このVLOOKUPには別の使い方があります。

= VLOOKUP (検索値, 範囲, 列番号, 検索方法)

今回は、テストの点数を例に見ていきましょう。

VLOOKUPで成績判定

点数の評価をまとめると、次表のようになります。

でも、この表をそのまま関数にあてはめることはできません。

VLOOKUP関数を使うための表に変えてみると、こうなります。

実際にVLOOKUP関数を使ってみよう!

B2~C7が参照表、判定するための数式を入れるのはC11です。

※今回は、VLOOKUP関数の使い方はわかっているものとして説明していきます。
不明な方はまずこちらをご覧ください。↓

C11に入力する数式は
=VLOOKUP(B11,B2:C7,2,1)

この数式のポイントは「検索方法」が「」だということ。
」は「完全一致」なのですが、「」になると「近似値」を探す数式に変わるのです。

数式を確定すると、次のようになります。

B11に点数を入れて、判定が正しいか確認してみましょう。

数式のポイント

参照表の1列めは、必ず昇順(小さい数が上、大きい数が下)にしておく必要があります。

また、その数値は「その行の数値以上、次の行の数値未満」という考え方になります。

もう一度、最初に設定した参照表をここで確認してみましょう。

35点未満 は 0 以上 なので、1列目に入力するのは 0

これを忘れてしまうと、変なことになります。

ちょっとしたことですが、気を付けるようにしましょうね。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. CEILING:指定した数値の倍数に切り上げる関数

  2. ROUND・四捨五入する関数

  3. 年齢や勤続年数を求める関数:DATEDIF

  4. オートフィルタで選びだしたものだけで計算する方法

  5. フリガナ

    PHONETIC:フリガナを表示させる関数

  6. 時間差を計算する方法・計算結果が####になるのはなぜ?解決法は…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクローム徹底比較&「コレクション機能」の使い方も詳しく解説
  2. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  3. スタートアッププログラムを整理する方法
  4. タスクマネージャーを起動する方法
  5. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  6. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  7. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  8. Windows10でアンインストールする方法
  9. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
ページ上部へ戻る