閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第30号 エクセル・ファイルを自動起動させ…
  2. 漢字・カタカナ・アルファベットに変換する方法
  3. スライドショーに音楽を挿入する方法(プレゼンに音を流す方法)
  4. パソコン裏技&テクニック集:第3号-表の行と列を入れ替える方法
  5. 上下から一定の割合を除いて平均を求める方法とは?◆TRIMMEAN関数…
  6. パソコン裏技&テクニック集:第77号 ACCESS:経過日数を求める方…
  7. 郵便番号を住所に変換する方法
  8. 読みがわからない漢字、変換できない漢字を入力する方法
  9. パソコン裏技&テクニック集:100号 ありがとうございます♪100号達…
  10. クリックしたときに起動するメールソフトを変更するには?
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

1ヶ月後の日付を関数で求める方法 その1【EDIT】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

単純に30日後、などでよければ
日付のはいっているセル+30 でOK。

つまり、A1に日付がはいっていれば
=A1+30 で30日後の日付がはいるわけです。

でも、月は30日だったり31日だったり28日だったり・・といろいろ。
そこで使うのが EDATE関数です。

EDATE

A1の1ヶ月後を求めるとすれば・・
=EDATE(元になる日付のセル,月数)

=EDATE(A1,1)

2ヶ月前 だったら
=EDATE(A1,-2)  ですね。

ただし、これで求めた答えはシリアル値 とよばれる数値になっています。
そこで、表示形式を「日付」に変更する必要があります。

日付に変更するには、

(方法1)
そのセルを右クリック→セルの書式設定→表示形式:日付 で変えるか

(方法2)
A1の書式をツールバーの「書式のコピー」を使ってコピーするか

この2つの方法がお薦めです。

もし、関数の中にEDATEが見当たらなければ・・・

メニューバー[ツール]-[アドイン]
[分析ツール]にチェックをつけて[OK]

これで追加することができます。

動画解説

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 最小値(最低値)を求める関数:MIN

  2. COUNTIF関数:商品名や担当者名などが指定した範囲に何個ある…

  3. Excel日付関数

  4. EXCEL:パスワードやくじの番号を自動で作成できる関数【RAN…

  5. 目標を達成しているかどうかを判定する方法:IF関数を使う場合

  6. COUNTIF関数をスムーズに表示させる方法とは?

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクローム徹底比較&「コレクション機能」の使い方も詳しく解説
  2. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  3. スタートアッププログラムを整理する方法
  4. タスクマネージャーを起動する方法
  5. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  6. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  7. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  8. Windows10でアンインストールする方法
  9. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
ページ上部へ戻る