閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. セルに「0」ではじまる数字を入力する方法
  2. 文字を0として処理し平均を求めるには?AVERAGEとAVERAGEA…
  3. 123,000を123千円のように千円単位で表示させたいときにはどうす…
  4. コントロールパネルってどうやって出すの?
  5. パソコン裏技&テクニック集:第98号 EXCEL:データの集計機能
  6. パソコン裏技&テクニック集:第92号 オートコレクト(ワード・エクセル…
  7. 背景に画像や色を設定したのに、印刷できない時の対処方法(WORD・ワー…
  8. コメントの挿入をショートカットキーで(エクセル・ワード)
  9. パソコン裏技&テクニック集:第71号 Excel(エクセル)データ入力…
  10. 指定箇所以外を勝手に修正できないように設定する方法
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

COUNTIFを使って指定した数以上の値が入力されているセルの個数を求める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

条件にあう数値を数える時にも使えるCOUNTIF関数

COUNTIF関数にはいろいろな活用方法があります。

今回のCOUNTIF関数の使い方では、数値をターゲットにします。

使うデータはこちら。

B列の売上個数が200個以上の人は何人いるか?という問題です。

COUNTIFの基本的な使い方が不安な方は、こちらでご確認ください。

COUNTIF関数の入力

  1. 答えを求めるセルをクリックし、COUNTIFを選びます。
  2. COUNTIF関数のダイアログボックスには次のように入力します。
    [範囲]は、参照する数値データがはいっているB2~B10
    [検索条件]は「「>=200」というように、数式で入力します。

確定すると、数式バーの数式は次のように変化します。

=COUNTUF(範囲,”検索条件”)

” ” は自動で追加されます。

計算結果が3 になればOK。

数値データを変更してみて、結果が変わることを確認してみましょう。

関連記事

  1. EXCELで勤怠管理-2★休憩時間をひいた実働時間を関数で求める…

  2. VLOOKUP関数:コードを入力したら自動的に商品名や単価などが…

  3. 年齢や勤続年数を求める関数:DATEDIF

  4. 関数で日付から曜日を求める方法とは?その2:INDEX関数

  5. COUNTIF関数をスムーズに表示させる方法とは?

  6. COUNTIF関数:商品名や担当者名などが指定した範囲に何個ある…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. 「0」を計算対象から外して平均をだす方法
  2. 文字を0として処理し平均を求めるには?AVERAGEとAVERAGEA
  3. 時間差を計算する方法・計算結果が####になるのはなぜ?解決法は?
  4. 24時間を超えた時間を正しく表示させる方法とは?
  5. 途中の行や列を削除しても崩れない通し番号(連番)のつけ方とは?
  6. とりあえずデータの入った表がほしい!そんな時に使える関数は何?:RANDとINT:時短技
  7. 追加した数値も計算対象に加えるにはどうするの?
  8. もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という区分でデータを引用することができる関数(例:成績、運賃表など)
  9. VLOOKUP関数:コードを入力したら自動的に商品名や単価などが表示される!そんな便利な関数
  10. 画面キャプチャ(スクリーンショット)の方法ーSnipping Toolー

人気の記事

  1. 日付の書式を変更する方法日付の入力されたセルを選択して、右クリック→をクリックすると、セ…
ページ上部へ戻る