閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第66号 前回のお約束・ショートカットキー…
  2. ファイルのプロパティに設定されている個人情報を削除するには?
  3. 【条件付き書式】指定の値より小さい(大きい)値に色を付ける方法(200…
  4. 文字を1つのセル内で複数行にする(2段書きにする)方法
  5. パソコン裏技&テクニック集:第29号 年末のご挨拶
  6. 24時間を超えた時間を正しく表示させる方法とは?
  7. パソコン裏技&テクニック集:第21号 ワード・段組みを思い通りに 文字…
  8. CEILING:指定した数値の倍数に切り上げる関数
  9. もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という区分で…
  10. パソコン裏技&テクニック集:第111号 【EXCEL】1ヶ月後の日付を…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

EXCELで勤怠管理-1★ 勤務時間を求める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

エクセルに出退勤時間の管理表を作っておくと、勤務時間を簡単に求めることができます。

勤務時間の入力方法の決まり事は

  • 直接入力(A)で
  • :(コロン)を含めて「時間」として入力

この2点のみ。

この決まり事に沿って入力したのが、下の表になります。

2016091901

勤務時間を数式(計算)で求める

勤務時間は、単純に引き算するだけで求めることができます。

  1. D2をクリック
  2. = を入力
  3. C2 クリック → - 入力 → B2 クリック → Enter(エンター)

2016091902

4. Enter を押すと 9:00 と表示されます。

5. D2の数式をそのまま下へコピーすると、全ての日の勤務時間を求めることができます。

2016091903
※数式をコピーする方法がわからない方は、こちらをご覧ください。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. エクセルの枠線をなくしたい(非表示にする)時はどうするの?

  2. 数式(計算式)のコピー:オートフィル機能

  3. 画面をスクロールしても、見出し行が表示し続ける方法とは?

  4. エクセルのシートの大きさを知る方法・あなたのエクセルにはセル(マ…

  5. シートを別のファイル(ブック)に移動・コピーする方法

  6. オートフィル

    オートフィル機能とは?:連続データや連番(通し番号)を簡単に入力…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る