閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. 【PC初心者】簡単な方法で起動時間をスピードアップできるWindows…
  2. 【パワポの初心者でも簡単マスター】基本~スライドショー実行まで
  3. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクロ…
  4. Excel日付関数を極めよう!DATEDIF&TOFAY
  5. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  6. スタートアッププログラムを整理する方法
  7. タスクマネージャーを起動する方法
  8. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  9. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自…
  10. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

COUNTIFを使って指定した数以上の値が入力されているセルの個数を求める方法

条件にあう数値を数える時にも使えるCOUNTIF関数

COUNTIF関数にはいろいろな活用方法があります。

今回のCOUNTIF関数の使い方では、数値をターゲットにします。

使うデータはこちら。

B列の売上個数が200個以上の人は何人いるか?という問題です。

COUNTIFの基本的な使い方が不安な方は、こちらでご確認ください。

COUNTIF関数の入力

  1. 答えを求めるセルをクリックし、COUNTIFを選びます。
  2. COUNTIF関数のダイアログボックスには次のように入力します。
    [範囲]は、参照する数値データがはいっているB2~B10
    [検索条件]は「「>=200」というように、数式で入力します。

確定すると、数式バーの数式は次のように変化します。

=COUNTUF(範囲,”検索条件”)

” ” は自動で追加されます。

計算結果が3 になればOK。

数値データを変更してみて、結果が変わることを確認してみましょう。

The following two tabs change content below.
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 1ヶ月後の日付を関数で求める方法 その1【EDIT】

  2. IF関数とOR関数を組み合わせて成績判定

  3. COUNTIF:文字列Aと文字列B、あわせていくつのセルに入力さ…

  4. もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という…

  5. エクセルショートカットキー:合計を求めるショートカットキーって何…

  6. とりあえずデータの入った表がほしい!そんな時に使える関数は何?:…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. 【PC初心者】簡単な方法で起動時間をスピードアップできるWindows基本技
  2. 【パワポの初心者でも簡単マスター】基本~スライドショー実行まで
  3. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクローム徹底比較&「コレクション機能」の使い方も詳しく解説
  4. Excel日付関数を極めよう!DATEDIF&TOFAY
  5. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  6. スタートアッププログラムを整理する方法
  7. タスクマネージャーを起動する方法
  8. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  9. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  10. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
ページ上部へ戻る