閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第105号 外字の登録&使い方
  2. パソコン裏技&テクニック集:第16号 図形描画機能で線路を描いてみよう…
  3. パソコン裏技&テクニック集:第80号 Excel: 【FV】関数の読み…
  4. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  5. マウスの使い方と基本用語
  6. 関数で日付から曜日を求める方法とは?その2:INDEX関数
  7. EXCEL:パスワードやくじの番号を自動で作成できる関数【RAND】
  8. タイトルや表の項目など(見出し)を全部のページに印刷する方法(~200…
  9. 新規作成の画面に表示されるファイルの履歴を消す方法
  10. パソコン裏技&テクニック集:第55号 EOMONTH関数の使い方
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

意外に知らないエクセル・計算しないで合計を求める方法(オートカルク)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • 数式を残さなくていいけれど、答えが知りたい
  • プレゼン中に、こっそり合計や平均、最高値や最低値を知りたい

そんな時、あなたならどうしますか?

マウスひとつでできる、簡単な方法があります。

マウス操作だけで計算の答えを知る方法

下表の点数(C2~C11)を対象として考えます。

C2からC11を範囲選択(マウスでドラッグ)

2016101301

ステータスバーを確認

ステータスバーを見てみると、なんと!そこに計算結果が出ています。

これが「オートカルク」と呼ばれる機能です。

これだけでいいなんて、簡単ですね♪

2016101302

パソコンの状態によって、ここに出ているものは違う可能性があります。

もし、残念ながら目的のものがなかったら…?

非表示の計算結果を表示させる方法

ステータスバーの、すでに計算結果が表示されているあたりで右クリックします。

そうすると、下図のように一覧がでてきますので、知りたいものにチェックをつけます。

 

2016101303

チェックをつけた箇所でデータが確認できますし、
また、ステータスバーにも↓のように表示されます。

2016101304

rericcaのひとこと
  • 平均
  • データの個数
  • 数値の個数
  • 最小値
  • 最大値
  • 合計

よく使う、これだけの計算結果が、数式を入力しないでわかるなんて、すごいですね♪

エクセルの基本なのに、意外に知られていないこの機能。

ぜひ便利に使いこなしましょう。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. VLOOKUP関数:コードを入力したら自動的に商品名や単価などが…

  2. IF関数とOR関数を組み合わせて成績判定

  3. 時間差を計算する方法・計算結果が####になるのはなぜ?解決法は…

  4. PMT関数:ローンの毎月の返済額と、支払う利息の総額を求める

  5. 年齢や勤続年数を求める関数:DATEDIF

  6. 請求書作成に使える関数:翌月末、〇ヶ月後の末日を関数で求める方法…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る