閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. COUNTIF:文字列Aと文字列B、あわせていくつのセルに入力されてい…
  2. パソコン裏技&テクニック集:第81号 Excel: 【TRUNC】関数…
  3. アプリケーションの関連付けを変更する方法
  4. パソコン裏技&テクニック集:第57号 時給計算をEXCELで!HOUR…
  5. 箇条書に便利な改行方法。改行と段落の違いとは?
  6. パソコン裏技&テクニック集:第99号 IME辞書・Excelのデータベ…
  7. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
  8. パソコン裏技&テクニック集:第86号 パソコン基礎用語:ダイアログボッ…
  9. 新規作成の画面に表示されるファイルの履歴を消す方法(Office200…
  10. パソコン裏技&テクニック集:第93号 任意の番号を自動作成する関数・フ…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

ROUND・四捨五入する関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

エクセルは自動的に四捨五入しているんじゃないの?

割り算をしたり、消費税の計算をしたりすると、小数点以下の数がでることがあります。

ただ、通貨表示(¥)や、小数点以下を表示しない設定にしていると、一見四捨五入されているかのように見えます。

でも、これは実際には四捨五入されていないため、端数が残っているのです。

1つ1つのデータでは支障がなくても、積み重なると大きな誤差となってしまいます。

以前、「パソコンを導入したら、決算で数字があわないので困っている」と言っている事務職員がいらっしゃいました。

この方は、なんと電卓で計算しなおしていました。

こんなことにならないよう、きっちり四捨五入の方法を覚えましょう。

四捨五入の関数:ROUND

1234.567 を実際に四捨五入してみましょう。

● A1に 1234.567 と入力します。

round01

● 1 B1に四捨五入の数式を入力しますので、B1をクリック

2 fx をクリック

● 「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されます

3 「関数の検索」に、直接「四捨五入」または「round」と入力

4 「検索開始」をクリックするか Enter を押します

そうすると、「関数名」一覧に「ROUND」が表示されます。

5 「ROUND」「OK」の順にクリックします。(Enter入力でもOK)

round02

●「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。

「数値」は四捨五入したいおおもとの数値なので、A1をクリック。

「桁数」はちょうど整数(小数点以下なし)の場合は 0 を指定します。

正しい桁数になっているかの確認は、下図の赤丸部分で確認することができます。

確認して間違っていなければ、「OK」をクリックして完了です!

round03

ROUNDの「桁数」はどう設定する?

慣れるまで、なかなかわかりにくいのがこの「桁数」です。

小数点以下0 ちょうど整数にしたい時が 0

それを境に+とーにわかれます。

桁数:0・・・1235

 

桁数:1・・・1234.6

桁数:2・・・1234.57

 

桁数:-1・・・1230

桁数:-2・・・1200

普通に考える+とーが逆になりますので、なんとなく「??」という感じがするかもしれません。

四捨五入する機会が多いのがー(負の数字)なので、それを優先した と考えたら覚えやすいでしょう。

補足:四捨五入の関数を使う理由

冒頭でも述べましたが、通貨表示や桁区切りスタイルにすると、一見四捨五入されているように見えます。

では、どうしてわざわざ四捨五入の関数を使う必要があるのか?

これについて、確認していきましょう。

●B2には、A1と同じデータがはいっています。

●このデータを「桁区切りスタイル」ボタンを使って 1,235 の表示に変更します。(下図参照)

(B1は、四捨五入しています)

round04

●C列はそれぞれ、B列のデータに1000を掛け算しています。

round06

●ご覧のように、四捨五入したC1はきっちり端数処理されていますが、C2は端数が残っていたことがわかります。

この誤差が積み重なると大きな違いになる、ということです。

ROUND関数の探し方 別バージョン

「関数の挿入」で、「四捨五入」と入力して探す、という方法をご案内しましたが、他の方法もあります。

1.「関数の分類」を「すべて表示」にする

2.日本語入力を 「あ」ではなく「A」の状態にする

3.「関数名」一覧のどれか一つをクリックする

4. 「r」もしくは「round」を入力(rouなど途中まででもOK)

5. roundが「関数名」の中に表示されたらそれを選び、「OK」をクリック

round07

この方法でもROUND関数を使うことができます。

ぜひ、お役立てください。

 

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 1ヶ月後の日付を関数で求める方法 その1【EDIT】

  2. 意外に知らないエクセル・計算しないで合計を求める方法(オートカル…

  3. フリガナ

    PHONETIC:フリガナを表示させる関数

  4. 追加した数値も計算対象に加えるにはどうするの?

  5. もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という…

  6. VLOOKUP関数:コードを入力したら自動的に商品名や単価などが…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る