閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第43号 印刷時、紙と時間を節約する方法 …
  2. 追加した数値も計算対象に加えるにはどうするの?
  3. パソコン裏技&テクニック集:第82号 Excel: 【FLOOR】関数…
  4. パソコン裏技&テクニック集:第46号パソコンを子守唄に?! & Acc…
  5. フォルダのアイコンを変更する方法とは?
  6. パソコン裏技&テクニック集:第106号 【WORD】文章の一部分の行間…
  7. 【条件付き書式】指定の値より小さい(大きい)値に色を付ける方法(200…
  8. 箇条書に便利な改行方法。改行と段落の違いとは?
  9. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  10. パソコン裏技&テクニック集:第117号【EXCEL】横棒グラフの項目を…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

パソコン裏技&テクニック集:第63号 【雑誌に掲載されました!】&ワードの小技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

第63号

(2016年02月04日改訂・2007年02月26日発行)

こんにちは! MOT-坂本 実千代です。

いよいよ3月ですね。
携帯で、最近お花の写真ばっかり撮っています。
冬の間は、ほとんど食べ物の写真でしたが・・(^^ゞ

決算でバタバタなさっている方も多いのでは?
と思いながら、ひとあし早くのんびり春を楽しんでいる私です。
でも、月末からの3日間の徹夜でお肌ボロボロです(ToT)/~~~

・・そのバタバタしていた理由と
タイトルの【雑誌掲載!】についてもお話している
今日のボイスメッセージはこちら。

2006年末に「三ツ木清隆さんと対談しました!」と言っていた、
あの記事がやっと掲載されました♪
今回は、【マナーの先生】として紹介されています。


では、今日のメルマガ
珍しく・・Word。「ちょっとおもしろい技」でスタートです!!


────────────────────────────────☆

★Word(ワード):マウスを使わず、キーボードだけで線をひく
         &表を作る方法

=================================================================
これは、以前ご紹介した内容です。
リクエストにおこたえして、再度掲載します。

【キーボードだけで線をひく】ってけっこうおもしろい。
一太郎ユーザーは知っててあたりまえ!だった機能のWord版(^^)v

ショートカットキーが好きな人は、きっとこの機能も好き(?!)


=================================================================
★まずは、キーボードで線を引く方法
=================================================================

ーーー を入力 → Enter を2回。
これで 単線。


=== を入力 → Enter を2回。
これで 2重線。


~~~ (半角)を入力 → Enter を2回。
これで波線。


*** (半角)を入力 → Enter を2回。
これで 点線


### (半角)を入力 → Enter を2回。
これで 3重線



=================================================================
★次に、キーボードだけで表を作る方法
=================================================================

キーボードだけで表を作る方法はバックナンバー13号をご覧くださいね。

拍子抜けするくらい、簡単にできます


────────────────────────────────☆

★Word(ワード):入力済みのデータを表にする

=================================================================

箇条書きで入力していたけれど、線で囲んで表の形式にしたい!
そんな時、どうしていますか?

この機能は、知っている人にとっては「あたりまえの基本機能」
でも、知らない人にとっては
「コピー&ペースト」の繰り返しから開放してくれる「便利な機能」です。


=================================================================
※まず、【編集記号の表示・非表示】のボタンが
 オンになっているか確認しましょう
=================================================================
なっていなくても大丈夫ですが、
オンになっていたほうがわかりやすいですね。

キーボード左側の【Tab】を押した時、右向きの矢印が画面に出れば
【オン】になっています。

【編集記号の表示・非表示】は、
標準のツールバーの右端のほうにあります。
矢印が2種類組み合わさっているボタンです。

=================================================================

では、いよいよ操作です。

1.マス目(セル)に区切りたい場所で 【Tab】を入力
  例) りんご → 100円

2.表に変換したい部分を範囲選択して
  メニューバーから【罫線】-【変換】-【文字列を表にする】を選択

3.【文字列を表にする】ダイアログボックスが表示される
  自動調整のオプション:文字列の幅に合わせる
  文字列の区切り:タブ
  と設定して、【OK】

これで、その列の最大文字列の幅にあわせた表ができます。
もし、用紙の横幅いっぱいの表を作りたい場合は
※自動調整のオプション:ウィンドウサイズにあわせる を選びます。

あとは、お好みにあわせて線の種類やマス目の色を変えたり
結合したり・・と調整しましょう!


これで、表を新規に作って
そのマス目の中にコピー&貼り付けを繰り返す・・・なんて
手間を省くことができますね♪

実は、これ、知らない人が多いんです。
いつもステキにパソコンを使いこなしている事務員さんからの
「これ、面倒なんだけど、何かいい方法ありません?」
という質問を受けて掲載しました。


────────────────────────────────☆

★編集後記

=================================================================
今夜は母とお雛祭り(?)お食事にでかけます。
昨年、新しく買ってもらったおひな様
残念ながら、飾ることができないまま終わってしまいました。
お人形 大好きなのに〜!

来年こそは、
お雛祭りを楽しめる計画性のある仕事をしたいものです(^^ゞ

では、この3月も
あなたらしくイキイキおすごしくださいね。
     
 3月3日のボイスメッセージ

                   さかもとでした♪

。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆

このメルマガは休刊しています。
現在はご覧のサイトで情報を発信中です。
よろしくお願いします♪

RE-RICCA 代表 坂本実千代

’:★ ,* +゜. ☆。.: ’* :・* + ゜。.★・”,

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. パソコン裏技&テクニック集:第113号 【EXCEL】EDATE…

  2. パソコン裏技&テクニック集:第35号 【IME】日本語変換の辞書…

  3. パソコン裏技&テクニック集:第8号・印刷したい部分を的確に印刷す…

  4. パソコン裏技&テクニック集:第11号・EXCEL数値をコード番号…

  5. パソコン裏技&テクニック集:第90号 Accessってどんなソフ…

  6. パソコン裏技&テクニック集:第99号 IME辞書・Excelのデ…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
ページ上部へ戻る