閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. ページの左端に行番号を表示させる方法(WORD)
  2. ワードで四則演算:足し算、引き算、割り算、掛け算(WORDで計算式・数…
  3. パソコン裏技&テクニック集:第95号 フォルダにパスワードを設定する方…
  4. ワードでエクセルの表を利用する方法(WORDとEXCELの連携)
  5. 背景に画像や色を設定したのに、印刷できない時の対処方法(WORD・ワー…
  6. パソコン裏技&テクニック集:第87号 Access・EXCELのショー…
  7. 新規作成の画面に表示されるファイルの履歴を消す方法
  8. システムの復元:パソコンを以前の状態に戻す
  9. 24時間を超えた時間を正しく表示させる方法とは?
  10. オリジナルのレター(便箋・びんせん)を作ル方法-1
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

EXCELを使いこなしたいなら絶対知っておくべき演算子2種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

演算子とは?

通常の生活ではなれない「演算子」。

エクセルでは、数式で使う「+」「-」などの算術演算子と「=」「>」などの比較演算子をよく使います。

順に見ていきましょう。

算術演算子

算術演算子 意味 使用例 計算結果
加算(足し算) =10+5 15
減算(引き算) =10-5 5
乗算(掛け算) =10*5 50
/ 除算(割り算) =10/5 2
% 百分率 =10*5% 0.5
^ べき乗 =10^5 100000

比較演算子

比較演算子 意味
= 等しい、同じ
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
<> 等しくない

「演算子」というと堅いですが、学校などで見たことのあるものがほとんどですね。

エクセルでは、使う場面も多いので、ぜひ覚えておきたい記号です。

具体的な使い方は、またそれぞれのページで。

関連記事

  1. 数式(計算式)のコピー:オートフィル機能

  2. エクセル裏技★年齢を求めるとても簡単な方法

  3. シートを別のファイル(ブック)に移動・コピーする方法

  4. オートフィル

    オートフィル機能とは?:連続データや連番(通し番号)を簡単に入力…

  5. エクセルで数値を処理するために、これだけは知っておきたい基本の関…

  6. リボンのほとんどがグレイ表示に…

    図形、グラフのボタンが表示されないときの解決方法:Excelのリ…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. 「0」を計算対象から外して平均をだす方法
  2. 文字を0として処理し平均を求めるには?AVERAGEとAVERAGEA
  3. 時間差を計算する方法・計算結果が####になるのはなぜ?解決法は?
  4. 24時間を超えた時間を正しく表示させる方法とは?
  5. 途中の行や列を削除しても崩れない通し番号(連番)のつけ方とは?
  6. とりあえずデータの入った表がほしい!そんな時に使える関数は何?:RANDとINT:時短技
  7. 追加した数値も計算対象に加えるにはどうするの?
  8. もうひとつのVLOOKUP:「〇〇以上××未満だったら…」という区分でデータを引用することができる関数(例:成績、運賃表など)
  9. VLOOKUP関数:コードを入力したら自動的に商品名や単価などが表示される!そんな便利な関数
  10. 画面キャプチャ(スクリーンショット)の方法ーSnipping Toolー

人気の記事

  1. 設定していた条件付きi書式を使わなくなった時、その条件を削除する必要があります。方法…
ページ上部へ戻る