閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. 【PC初心者】簡単な方法で起動時間をスピードアップできるWindows…
  2. 【パワポの初心者でも簡単マスター】基本~スライドショー実行まで
  3. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクロ…
  4. Excel日付関数を極めよう!DATEDIF&TOFAY
  5. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  6. スタートアッププログラムを整理する方法
  7. タスクマネージャーを起動する方法
  8. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  9. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自…
  10. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

読みがわからない漢字、変換できない漢字を入力する方法

読み方がわからないときや、変換してもでないときどうするか。
いくつか方法がありますが、手っ取り早い方法をご案内します。

今回の例では私の母校、「濟々黌(せいせいこう)」の「黌」を使います。
「こう」とだけ入力変換してもでてきません。

新しいIMEでは「せいせいこう」と正しく入力して変換すると、変換できます。
(以前のIMEでは無理)

ただ、普通に考えて「読み」はわからない漢字ですよね。

まず、部首をチェックします。
「持」という字だったら てへん の「て」、「校」は きへん の「き」です。

この例の場合、部首名は「きいろ」です。
「きいろ」と入力して
キーボードのファンクションキー「F5」を入力。

部首変換

(ただし、ナチュラルインプットとIMEスタンダードを切り替えるバージョンのIMEの場合は、必ずスタンダードにしておきます。ナチュラルインプットではジャンプ画面になって、うまく変換できません)

あとは目的の字をクリックするだけ。
「部首」ウィンドウは閉じておきましょう。

もし、部首名がわからない場合は、マウスで描いたり、総画数から探し出す、という方法もあります。

これは特殊な字を使いましたが、例えば魚の名前など、読みにくいものにもおすすめです。

The following two tabs change content below.
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. スペース(空白)について

  2. 郵便番号を住所に変換する方法

  3. 日本語変換の辞書(IME)を自分用に鍛える方法

  4. 急に意味不明な文字が入るようになってしまった!解決法はあるの?

  5. 入力が楽になる無料IME・Google日本語入力をダウンロードし…

  6. 漢字・カタカナ・アルファベットに変換する方法

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 【PC初心者】簡単な方法で起動時間をスピードアップできるWindows基本技
  2. 【パワポの初心者でも簡単マスター】基本~スライドショー実行まで
  3. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクローム徹底比較&「コレクション機能」の使い方も詳しく解説
  4. Excel日付関数を極めよう!DATEDIF&TOFAY
  5. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  6. スタートアッププログラムを整理する方法
  7. タスクマネージャーを起動する方法
  8. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  9. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  10. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
ページ上部へ戻る