閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第74号 Excel数式を列全体にコピーす…
  2. パソコン裏技&テクニック集:第35号 【IME】日本語変換の辞書を鍛え…
  3. パソコン裏技&テクニック集:第32号 エクセル:条件にあうものだけで計…
  4. 1枚の紙にまとめて数ページ分を印刷するには?(2003以前)
  5. 文書の背景に色や模様をつけたり、写真やイラストを設定したりする方法(W…
  6. ワードでダミーテキストを入力する方法(WORD入力の裏技)
  7. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
  8. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自…
  9. オートフィル機能とは?:連続データや連番(通し番号)を簡単に入力する方…
  10. PDF形式で保存する方法
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

日本語変換の辞書(IME)を自分用に鍛える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなた好みの日本語変換辞書にする

もちろん、ひとつずつ辞書登録する・・という方法もあります。
いくつかの単語をまとめて登録する、という方法も。

だけど、せっかくなので、ちょっとおもしろい方法で辞書を自分ユースに変更してみましょう。

  1. まず、ふだんよく使う文書、登録したい文字がある文書を選んでおきます。
    それがどこに保存されているか、あらかじめ確認しておきましょう。
  2. IMEのツールバーにあるツールのボタンを探します。
  3. 変換トレーニングウィンザード(Z)】をクリック
  4. ファイルを開くような画面になります。
    1.で選んだ文書をここで指定して【開く】をクリック
  5. ウィザードの画面に戻るので、【次へ】をクリック
  6. 辞書ツールを起動する】をクリック

これで、登録された単語を確認することができます。

※ もし「よみ」に間違いがあれば、【編集】-【変更】で修正できます。

これは、日本語辞書 IME2002以降で使える機能です。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 入力が楽になる無料IME・Google日本語入力をダウンロードし…

  2. 漢字・カタカナ・アルファベットに変換する方法

  3. 読みから記号を入力する方法

  4. 郵便番号を住所に変換する方法

  5. スペース(空白)について

  6. 急に意味不明な文字が入るようになってしまった!解決法はあるの?

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る