閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. EXCELで勤怠管理-1★ 勤務時間を求める方法
  2. パソコン裏技&テクニック集:第65号 フランス語の「文章」を入力するに…
  3. オートフィルタで選びだしたものだけで計算する方法
  4. ウィルス対策はどうして必要なのか
  5. パソコン裏技&テクニック集:第98号 EXCEL:データの集計機能
  6. スペース(空白)について
  7. RANK.EQ、RANK関数:順位(順番)を求める関数
  8. クリックしたときに起動するメールソフトを変更するには?
  9. パソコン裏技&テクニック集:第16号 図形描画機能で線路を描いてみよう…
  10. パソコン裏技&テクニック集:第63号 【雑誌に掲載されました!】�…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

エクセルは月日だけを入力すると、入力した年のデータと認識します。

例えば2017年の1月に1ヶ月前のデータを入力しようと思って 12/15 と入力したとしても、それは2017年の12月15日のデータとなるのです。

それを避けるには、2016/12/15 と年から入力するのが一般的な方法です。

でも、数が多い時にはけっこうなストレスになりますね。

画面に表示されるのが月日だけだから意識していなかったけれど、チェックしてみると「年」が間違っていた…

そんな時の修正も面倒です。

それをいっぺんに済ませるには、「置換」を使います。

基本的な使い方はこちら↓

ただ、この基本的な使い方でやろうとすると、1日ずつ置換していくことになって、それも大変。

今回は、簡単に「年」を置換する方法をご紹介します。

「年」を置換する方法

範囲選択した部分の2016年データをを2017年データにすべて置換します。

  1. 置換したいデータの部分を範囲選択

  2. [置換]のダイアログボックスを開く
    [ホーム]タブー[検索と置換]ー[置換]をクリック


  3. 表示されたダイアログボックスの
    検索する文字列に 2016/  置換後の文字列に 2017/  と入力して[OK]

これで、すべて置換することができます。

指定方法を知っていると簡単ですね♪

 

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 数字をコード番号にする方法(書式設定)

  2. フリガナを修正する方法

  3. 名前に「様」を自動で付ける方法とは?[エクセル・書式設定]

  4. 画面をスクロールしても、見出し行が表示し続ける方法とは?

  5. 途中の行や列を削除しても崩れない通し番号(連番)のつけ方とは?

  6. PHONETICで求めた「フリガナ」を「ふりがな」にする方法

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る