閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. 最小値(最低値)を求める関数:MIN
  2. パソコン裏技&テクニック集:第64号 フランス語をパソコンで入力する方…
  3. パソコン裏技&テクニック集:第81号 Excel: 【TRUNC】関数…
  4. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
  5. パソコン裏技&テクニック集:第38号 エクセルの書式設定・表示桁数の調…
  6. スライドショーに音楽を挿入する方法(プレゼンに音を流す方法)
  7. パソコン裏技&テクニック集:第112号 【EXCEL】2行にわかれてい…
  8. セルに「0」ではじまる数字を入力する方法
  9. 箇条書に便利な改行方法。改行と段落の違いとは?
  10. パソコン裏技&テクニック集:第9号・WORD/EXCELのいろいろな書…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

別のパソコンで開いたらフォントが崩れた!そんな事態にならないように準備しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プレゼンでは、必ずしも自分のパソコンを使うとは限りません。

また、ファイルをメールに添付して上司やお客様などに見てもらうこともあるでしょう。

ファイルに使っているフォントが、ファイルを開くパソコンにはいっていない場合は、代替フォントに置き換わります。

そうすると、レイアウトが崩れたり、最悪の場合は文字化けしてしまったりすることもあるのです。

このような事態を防ぐための予防策をご案内します。

フォントが崩れないための予防策

  1. [ファイル]タブを開き、[オプション]をクリック。
  2. [PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[保存]をクリック。
  3. [ファイルにフォントを埋め込む]ー[すべての文字を埋め込む]にチェックをつけ[OK]

これで、ほかのパソコンでも安心して開けるようになりました!

rericca
この方法は、まだ内容を編集する可能性があるときにおすすめです。

完全に仕上げている場合には、プレゼンテーションパックにするなどの手法もあります。


※ファイルにフォントを埋め込んだファイルは、埋め込んでいないファイルに比べ、サイズ(容量)が大きくなります。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. プレゼン配付資料の印刷コストを削減する方法とは?

  2. プロジェクタと操作PCに違う画面を表示させる方法とは?

  3. スライドショーに音楽を挿入する方法(プレゼンに音を流す方法)

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る