menu
閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. ページの左端に行番号を表示させる方法(WORD・ワード2003)
  2. パソコン裏技&テクニック集:第24号 エクセル 答えをシュミレーション…
  3. パソコン裏技&テクニック集:第13号・キーボードで線をひく方法
  4. パソコン裏技&テクニック集:ありがとうございます!50号★初のボイスメ…
  5. エクセル裏技★年齢を求めるとても簡単な方法
  6. フォルダのアイコンを変更する方法とは?
  7. パソコン裏技&テクニック集:第68号
  8. パソコン裏技&テクニック集:第82号 Excel: 【FLOOR】関数…
  9. パソコン裏技&テクニック集:第10号・EXCEL書式設定,WORDペー…
  10. アプリケーションの関連付けを変更する方法
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

別のパソコンで開いたらフォントが崩れた!そんな事態にならないように準備しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プレゼンでは、必ずしも自分のパソコンを使うとは限りません。

また、ファイルをメールに添付して上司やお客様などに見てもらうこともあるでしょう。

ファイルに使っているフォントが、ファイルを開くパソコンにはいっていない場合は、代替フォントに置き換わります。

そうすると、レイアウトが崩れたり、最悪の場合は文字化けしてしまったりすることもあるのです。

このような事態を防ぐための予防策をご案内します。

フォントが崩れないための予防策

  1. [ファイル]タブを開き、[オプション]をクリック。
  2. [PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[保存]をクリック。
  3. [ファイルにフォントを埋め込む]ー[すべての文字を埋め込む]にチェックをつけ[OK]

これで、ほかのパソコンでも安心して開けるようになりました!

rericca
この方法は、まだ内容を編集する可能性があるときにおすすめです。

完全に仕上げている場合には、プレゼンテーションパックにするなどの手法もあります。


※ファイルにフォントを埋め込んだファイルは、埋め込んでいないファイルに比べ、サイズ(容量)が大きくなります。

関連記事

  1. プレゼン配付資料の印刷コストを削減する方法とは?

  2. プロジェクタと操作PCに違う画面を表示させる方法とは?

  3. スライドショーに音楽を挿入する方法(プレゼンに音を流す方法)

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. エクセルで数値を処理するために、これだけは知っておきたい基本の関数4つ
  2. 割り算の余りを求める方法:関数MOD
  3. エクセルショートカットキー:合計を求めるショートカットキーって何?
  4. EXCELを使いこなしたいなら絶対知っておくべき演算子2種類
  5. COUNTIFを使って指定した数以上の値が入力されているセルの個数を求める方法
  6. COUNTIF:文字列Aと文字列B、あわせていくつのセルに入力されているのかを知りたい!そんな時にはこう使う!
  7. COUNTIF関数をスムーズに表示させる方法とは?
  8. COUNTIF関数:商品名や担当者名などが指定した範囲に何個あるのかを知りたい時に使うと便利
  9. 目標を達成しているかどうかを判定する方法:IF関数を使う場合
  10. プレゼン配付資料の印刷コストを削減する方法とは?

人気の記事

  1. 日付の書式を変更する方法日付の入力されたセルを選択して、右クリック→をクリックすると、セ…
ページ上部へ戻る