閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第117号【EXCEL】横棒グラフの項目を…
  2. 「0」を計算対象から外して平均をだす方法
  3. オートフィル機能とは?:連続データや連番(通し番号)を簡単に入力する方…
  4. 印刷する時だけ表に線をつける方法とは?
  5. コメントの挿入をショートカットキーで(エクセル・ワード)
  6. 急に意味不明な文字が入るようになってしまった!解決法はあるの?
  7. ワードで四則演算:足し算、引き算、割り算、掛け算(WORDで計算式・数…
  8. 指定箇所以外を勝手に修正できないように設定する方法
  9. パソコン裏技&テクニック集:第22号 エクセル・オートフィル機能で入力…
  10. 日付の書式を変更したい:日付データの幅をそろえる、曜日を表示させるなど…
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

画面キャプチャ(スクリーンショット)の方法ー標準ソフト:ペイントを利用-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

画面キャプチャとは?

パソコンに表示されているものをそのまま取り込むこと。

「スクリーンショット」ですね。

私のサイトでも、操作方法の説明などで
パソコンの操作画面やダイアログボックスを画像として取り込んでいます。

特別なソフトを使わなくても、Windowsの標準機能だけでもできます。
(もちろん、専用ソフトも併用したほうがいろいろな機能も使えますが)

画面をキャプチャする方法

1.キーボードの【PrintScreen】を押す
(機種によっては、省略のPrtScr などの表示になっていることも)
(※ノートパソコンでは同時に【Fn】を押す必要があったりします)

2.画像編集ソフトを開いて貼り付ける

  • 編集ー貼り付け
    または
  • 【CTRL】+【V】

画像編集ソフトを何も持っていない場合は、
標準ではいっている ペイント(アクセサリ) を使いましょう。

ただし、BMP形式で保存するとファイルサイズがかなり大きくなります。

Web用に使ったり、メールに添付する場合は特にJPEG形式やGIF、PINGなどでの保存をお勧めします。

特定の部分だけを使いたい場合は、
2.の操作のあと範囲選択して切り取り、別画面に貼り付ける
というやり方が一般的です。

特定の「ウィンドウ」だけをキャプチャする方法

1.のPrintScreenを押すとき、あわせてAltを押すようにすると
その時選択されているウィンドウだけをコピーすることができます。

そのあとはつづけて2.の作業をすればOKです。


ほかに、Snipping Toolを使う ↓ という方法も♪

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. アプリケーションの関連付けを変更する方法

  2. アイコン

    フォルダのアイコンを変更する方法とは?

  3. ファイルのプロパティに設定されている個人情報を削除するには?

  4. 自分のPCのメモリのサイズ、CPUの種類、Windowsのバージ…

  5. クリックしたときに起動するメールソフトを変更するには?

  6. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
ページ上部へ戻る