閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第93号 任意の番号を自動作成する関数・フ…
  2. 関数で日付から曜日を求める方法とは?その1:WEEKDAY関数
  3. パソコン裏技&テクニック集:第21号 ワード・段組みを思い通りに 文字…
  4. 123,000を123千円のように千円単位で表示させたいときにはどうす…
  5. パソコン裏技&テクニック集:第30号 エクセル・ファイルを自動起動させ…
  6. EXCEL:パスワードやくじの番号を自動で作成できる関数【RAND】
  7. IF関数とOR関数を組み合わせて成績判定
  8. パソコン裏技&テクニック集:第52号 今年1年 ありがとうございました…
  9. オートコレクトを活用★決まった文字を文字の大きさ・色・改行位置もそのま…
  10. ページ番号を表示・印刷する方法:基本(2007~)
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

箇条書に便利な改行方法。改行と段落の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ふだん、改行するには【 Enter 】を使いますね。

でも、この方法しか知らないと、ちょっと困ることがあります。

たとえば…

箇条書きの一部を複数行にしたい時

(例)
箇条書きと改行

箇条書きの記号や行頭番号は、段落ごとにつくもの。
1つの箇条書き項目に複数行入力したいときは、
Shift】+【Enter を使いましょう。

まとめ

  • Enterは「段落を改める記号」で段落記号

  • Shift+Enterは「行を改める記号」で改行記号

    編集記号を表示させていると、
    この2つの記号が違うものだということがわかります。

ふだんは Enterだけでも大丈夫。
でも、知っておいて損はない「改行」です。

The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. WORDで作成した表の行と列を入れ替える方法

  2. 今日の日付を自動入力する方法(Word2007~)

  3. 半角文字をすべて全角文字に修正する方法

  4. はりつけ

    ワードでエクセルの表を利用する方法(WORDとEXCELの連携)…

  5. 箇条書きを表に変換する方法(WORD・ワード)

  6. PDF形式で保存する方法

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 新生EdgeはGoogleChrome派にこそオススメ?!エッジとクローム徹底比較&「コレクション機能」の使い方も詳しく解説
  2. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  3. スタートアッププログラムを整理する方法
  4. タスクマネージャーを起動する方法
  5. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  6. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  7. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  8. Windows10でアンインストールする方法
  9. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
ページ上部へ戻る