閉じる
  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)
閉じる
閉じる
  1. パソコン裏技&テクニック集:第55号 EOMONTH関数の使い方
  2. パソコン裏技&テクニック集:第92号 オートコレクト(ワード・エクセル…
  3. スライドショーに音楽を挿入する方法(プレゼンに音を流す方法)
  4. データの並べ替え:自分が思った順に並べ替える方法 (〜EXCEL エク…
  5. パソコン裏技&テクニック集:第98号 EXCEL:データの集計機能
  6. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  7. 連続した日付を長い期間、まとめて入力するには?(〜2003)
  8. データを下方向に、ではなく「横」に入力する方法(〜2003)
  9. インデントの設定
  10. パソコン裏技&テクニック集:第29号 年末のご挨拶
閉じる

現役講師が伝授!パソコン裏技・便利ワザ

年齢や勤続年数を求める関数:DATEDIF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

社員名簿を作成する場合、その人の生年月日・入社日を入力しますよね。

そのデータを利用して、簡単に年齢・勤続年数などを知ることができれば、
給与・賞与査定・研修予定作成などにも活用できます。


=DATEDIF(開始日いつから,終了日いつまで,単位年数・日数など

この関数は、[関数の貼り付け]ダイアログボックスにはでてこないので、
直接、入力する必要があります。

読み方は「デートディフ」です。

今回は、このデータですすめていきます。

datedif01

※D2のセルには、 =today() と入力して、今日の日付がはいるようにしています。

経過年数を求める方法

  • 開始日:入社年月日 なので B5
  • 終了日:今日の日付 なので D2

最終的に入力する数式は
=DATEDIF(B5,$D$2,”Y”) です。

数式の入力方法(初心者用)

1.結果を求めるC5をクリックし、数式の編集バーに直接 =datedif( と入力。
B5をクリック→,(カンマ)を入力→D2をクリック

datedif入力する数式

2.ここで大事なポイントです!
求めるのが1つだけならいいのですが、数式を他にも使う場合、D2が動くと結果が違ってきます。
そのため、D2は絶対参照($D$2の形)にする必要があります。
絶対参照にするには、上図の状態でキーボードからF4を押します

3.そのまま続けて  ,”y”  と入力します。

入力した数式が下図の数式バーのようになっていればOKです。

datedif04
※ここでのポイントは、単位(下表参照)を入力する際、””で囲むこと。
この数式を確定したあと、C5の数式を下方向へ複写(フィルハンドルを使うと便利)すれば、何人分のデータでもまとめて勤続年数を求めることができますね。

さらに便利なこの方法

この数式は、下方向へコピーして使えるだけではなく、このまま年齢も求めることができます。

B5に入れた数式をE5にコピーしてみてください。

何も修正しなくても、ちゃんと年齢もでてきます。

計算式をコピーする方法についてはこちら

datedif06

数式バーを確認すると、
C5からE5にコピーされた時に、引数部分のB5もD5に連動して変わっていることがわかりますね。

もうひとつの引数、「終了日」のD2は絶対参照にしているため、数式を下にコピーしても横にコピーしても参照するセルは変わりません。

 

年数だけではなく、月数、日数、1ヶ月未満の日数、1年未満の月数、1年未満の日数 などを求めることができます。

その場合は、「単位の種類」部分を次のように変更するだけです。お試しください。

 

単位の種類

Y 年数 M 月数 D 日数
MD 1ヶ月未満の日数 YM 1年未満の月数 YD 1年未満の日数
The following two tabs change content below.
坂本 実千代
【講師、ITコンシェルジュ、ブロガー】 大学、専門学校の非常勤講師を経て現在はフリー。 オフィス系ソフトだけでなくIT全般の講習を中心に担当している。 ーー熊本県出身・血液型:B型・星座:うお座ーー

関連記事

  1. 請求書作成に使える関数:翌月末、〇ヶ月後の末日を関数で求める方法…

  2. PMT関数:ローンの毎月の返済額と、支払う利息の総額を求める

  3. LEFT関数とFIND関数:フルネームから「姓」をとりだす

  4. 時間差を計算する方法・計算結果が####になるのはなぜ?解決法は…

  5. 関数で日付から曜日を求める方法とは?その2:INDEX関数

  6. EMONTH:当月末、翌月末などを求める関数/請求書や給与明細な…

おすすめ記事

  1. 絶対参照とは?数式のコピーと絶対参照(複合参照、相対参照)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. デスクトップの背景画像を表示しないようにする方法
  2. スタートアッププログラムを整理する方法
  3. タスクマネージャーを起動する方法
  4. 【Edge】検索サイトをGoogleなど好きなものに変更する方法
  5. 【Edge】ブラウザの起動ページを自分の好きなページにする方法(例:自分の勤めている会社や自分のFacebookなど)
  6. エクセル:データを簡単に隠す裏技とは?
  7. Windows10でアンインストールする方法
  8. デスクトップのファイルやアイコンをすぐに使いたい時はどうする?
  9. すでに入力している年をまとめて別の年に修正する方法とは?(例:2017/12/10を2016/12/10に変更)【置換ー2】
  10. 特定の文字列を別の文字列に簡単に変更する方法とは?【置換ー1】
ページ上部へ戻る