menu
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
閉じる
閉じる
  1. 結婚記念日のお祝いにはどんなものがあるの??
  2. 熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について
  3. 長寿のお祝い:傘寿、白寿、卒寿・・・読み方は?何歳のお祝い?
  4. 日本における結婚の起源とは
  5. 敬語の基本知識
  6. 仏壇への線香のたむけ方・お供えについて
  7. 【挨拶】という言葉の由来とは?
  8. こんにちは?こんにちわ?どっちが正しいの?
  9. 病院のマナー講習ってどんなことをするの?
  10. マナー講習(実例)
閉じる

心を動かすマナー  rericca.com

タグ:常識

節分の翌日、2月4日が「立春」まだまだ寒い時期ではありますが、だんだん日も長くなり、春の気配も感じられる頃。梅の花が徐々に開き始めるのもこの時期です。その風情を感じられるような表現を自分なりに工夫してみるのも…

松の内(1月7日)までが「年賀状」それを過ぎたら「寒中見舞い」として出すのが正式。陽暦の1月6日頃(寒の入り)から15日目を「大寒」1月30日ごろまでが「寒中」。一般的には節分までに出す便りが「寒中見舞い」で…

敬 語特に、二重敬語やコンビニ・ファミレス敬語といわれるような、間違った言葉遣いに気をつけましょう。本人は「ちゃんと気をつけている」というつもりだけに、なかなか修正できないものです。声、話し方、話題、どれも「自己…

こんにちは?こんにちわ?語源を知れば理由がわかる!もともと、江戸時代の武家の挨拶からきた言葉なのです。「今日(こんにち)はお役目ご苦労さまです」「はい、おかげさまでお勤めしております」…といっ…

高齢者の比率がどんどん高くなっている日本。親戚のお祝い、両親のお祝い…必要に迫られるかも。長寿のお祝いは「賀寿(がじゅ)」ともいわれ、次のようなものがあります。還暦(かんれき)60歳干支が一巡して生まれた年の…

お歳暮の由来とは本来、嫁いだ娘が年の暮れにお正月のお供え物を実家に贈ったことからはじまった、といわれています。お歳暮によく贈られていた鮭は、この名残で、神様にお供えする祝い肴という意味合いがありました。鮭は『サケ…

現在の喪服といえば、黒。通夜の場合は紺、グレーでもかまわないけれど、葬儀参列は黒い喪服。でも、もともと日本での伝統的な喪をあらわす色は「白」でした。まじりっけのない供養の気持ちをあらわしていたとか。いつから喪の色…

【おつかいもの】とはお友達同士のプレゼント、というのではなく、ちょっと改まった気持ちで贈る、いわゆる【大人としての贈り物】のことです。相手と目的にあったものが必要になるし、それなりの決まり事もあります。これを外す…

知っているようで、いざとなると迷ってしまう表書きの書き方についてご案内します。祝儀袋など寿主に結婚祝いに用います。水引や熨斗の仕立ては、金額に応じて選びましょう。御祝一般的な慶事に最もよく使われるもの…

熨斗袋と水引については、すでにご案内しました。このページは、その具体的な使い方です。なお、下の3件のような場合は水引をかけません。念のためご確認ください。 お布施や僧侶へのお礼 火事や災害見舞い 教会での葬儀…

熨斗について祝儀にだけ"熨斗(のし)"を使います。お祝いとお悔やみの金封の違いは、その水引と熨斗。熨斗は右肩についているものです。何故"熨斗袋"が使われるようになったのか?その由来をお話ししましょう。古来…

サイトマップ

人気の記事

  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
ページ上部へ戻る