menu
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
閉じる
閉じる
  1. こんにちは?こんにちわ?どっちが正しいの?
  2. 【おつかいもの】について
  3. 魅力的な声とは?
  4. 日本の伝統的な喪服の色は白?
  5. 手紙の知識【2月】
  6. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
  7. お中元の由来・起源とは?
  8. 病院のマナー講習ってどんなことをするの?
  9. 【挨拶】という言葉の由来とは?
  10. お歳暮の由来とは&どんな品物をいつごろ贈るのか
閉じる

心を動かすマナー  rericca.com

お歳暮の由来とは&どんな品物をいつごろ贈るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お歳暮

お歳暮の由来とは

本来、嫁いだ娘が年の暮れにお正月のお供え物を実家に贈ったことからはじまった、

といわれています。

お歳暮によく贈られていた鮭は、この名残で、神様にお供えする祝い肴という意味合いがありました。

鮭は『サケル(裂ける)』に通じ、縁起が悪いということから

お清めの意味として新しい藁で巻くようになりました。

これが新巻鮭のはじまりです。

また、西日本を中心に、鰤(ブリ)が贈られるのは

『嫁振りがいい』というこがおこりだそうです。

どんな品物をいつごろ贈るのか

お歳暮を贈る時期は本来、12月13日の【ことはじめ】から月末まで、でしたが、

最近は12月上旬から月末まで、が一般的になってきました。

品物については、先方のお好みなどがわかっていればいいのですが、

わからない場合は日持ちするもので、あまり好き嫌いがないもの。

一度贈って好評だったものがあれば、毎年、品物と時期を決めて贈るというのもいいでしょう。

予算は3,000円~5,000円が一般的,といわれます。

しかし、相手との関係によって変わるもの。

お歳暮は、お祝い事ではなく感謝の気持ちをあらわすものです。

また、相手が喪中であっても、お歳暮を贈ってかまいません

お歳暮は必ずしも持参する必要はありません。

宅配便などで届ける場合は、送り状をかねてご挨拶状を郵送しておくのが正式な礼儀です。

なお、熨斗は紅白の水引、『お歳暮』と書きます

 

関連記事

  1. こんにちは?こんにちわ?どっちが正しいの?

  2. 仏壇へのおまいりについて

    仏壇への線香のたむけ方・お供えについて

  3. 2月・節分

    手紙の知識【2月】

  4. アレンジメント

    お見舞いで気をつけるポイントとは

  5. お中元の由来・起源とは?

  6. 熨斗

    熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について

おすすめ記事

  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

ページ上部へ戻る