menu
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
閉じる
閉じる
  1. 結婚記念日のお祝いにはどんなものがあるの??
  2. 日本における結婚の起源とは
  3. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
  4. 贈答の知識:熨斗袋(のしぶくろ)と袱紗(ふくさ)
  5. 熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について
  6. 【おつかいもの】について
  7. こんにちは?こんにちわ?どっちが正しいの?
  8. 手紙の知識【2月】
  9. マナー講習(実例)
  10. 手紙の知識【1月】
閉じる

心を動かすマナー  rericca.com

【おつかいもの】について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
【おつかいもの】について

【おつかいもの】とは

お友達同士のプレゼント、というのではなく、ちょっと改まった気持ちで贈る、

いわゆる【大人としての贈り物】のことです。

相手と目的にあったものが必要になるし、それなりの決まり事もあります。

これを外すと、せっかくのあなたの思いがむしろ「なんて失礼な人!」と印象を悪くしかねません。

ここでは、最低これだけ押さえておけば、まずどんなうるさいおばさまにもOK、というポイントを中心にご紹介します。

目 的

まず、なぜ贈り物をするのか。その目的をはっきりさせましょう。

それによって金額も違ってきます。

高ければいいというものでもなく、身分相応を心がけて。

お 相 手

誰に贈るのか、相手について考えます。

その人の趣味をできるだけ詳しく思い出してください。

趣味にあわないものを贈られても迷惑なだけ。

普段の会話の中で出てきた相手の好みを覚えておけば、自分が楽なだけではなく、

相手もあなたの思いやりをきっと嬉しく思うはず。

ひとりよがりの贈り物はいけません。

表書き

表書きについては、こちらに詳しくご案内しています。

しきたり

普段は気にしない【しきたり】も、こういう時にビシッ!と決められてこそ「大人」です!!

  • お祝い事は、できれば吉日の午前中
  • 吉の数は 3,5,7,8
  • 凶の数は 4,9,13
  • 目上の方には靴下・肌着など直接肌につけるものや足元のものは失礼。
  • 紙袋や風呂敷ははずして渡す

相手が喪中でも、お歳暮・お中元に関しては”お祝い事”ではないのでOK!

日ごろから、地方の風習については、身近なお母様・おばあ様などに確認しておきましょう。

婦人画報のお取り寄せ通販サイト

おつかいもの:心配り

品物よりむしろ心遣いがうれしいもの。笑顔と明るい言葉を添えて。

たくさんのお中元・お歳暮をもらう方へは、毎年おくる品物を決めてしまうのも手。

ただし、その場合は本当に気に入っていただけているかを相手の反応で確認してから。

お仕事関係でお付き合いのある男性への贈り物

奥様やお子さんへの誕生日プレゼントなどは、自分がもらうよりうれしいようです。

特に、会話の中で誕生日がでる、っていうのはよっぽどかわいいんだから、

ちょっとメモしておくといいかも。

(女性から独身の男性へ贈る場合は、

「お母様へ」という言い方は誤解を生むからやめたほうがですね。)

長期入院の方へのお見舞い

付き添いの方にもちょっとしたものをお持ちすると喜ばれます。 (2度目以降のお見舞い)

おつかいもの:注意すること

>時間帯

前もってお食事に誘われているのでなければ、お昼ごはん・夕ご飯の時間帯は避けましょう。

>手づくりの品物

あなたがよっぽど上手で、

しかも相手の方と趣味があっていることがあらかじめわかっている場合だけ。

>お見舞いにお花

香りの強いものや、散りやすいものは避けましょう。

鉢物がダメなのはもう常識ですね。

花束だと、花瓶がなかったり、置き場所に困ったりすることも。

おおげさではない、明るい色合いのアレンジメントなどがおすすめです。

花を贈るなら日比谷花壇

>お見舞いのタイミング

入院直後・手術直後・出産直後のお見舞いは迷惑。
ご家族に聞きにくければ、病院に確認を。

>お食事券や商品券は万能?

相手の趣味や生活がわからないのに、安易に「お食事券」や「商品券」は迷惑な場合も。

ふだん使っているお店や好みなどわかってたら、本当にうれしい贈り物ですが。

商品券なら、デパート共通商品券(一部スーパーでも利用できる)や信販会社の商品券など、

使える場所を限定しないもののほうがいいでしょう。

迷ったときには”消えもの”(飲食物・花など)がおすすめです。

飲食物に関しては、個別包装がされていて、賞味期限が長いものにしたほうがいいでしょう。

でも、相手の方がどういう方か、ということは今後のお付き合いの中でも必要です。

いい機会だと思ってリサーチしてみましょう。

関連記事

  1. 賀寿

    長寿のお祝い:傘寿、白寿、卒寿・・・読み方は?何歳のお祝い?

  2. 熨斗袋と袱紗

    贈答の知識:熨斗袋(のしぶくろ)と袱紗(ふくさ)

  3. 熨斗

    熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について

  4. 仏壇へのおまいりについて

    仏壇への線香のたむけ方・お供えについて

  5. 2月・節分

    手紙の知識【2月】

  6. 贈答

    贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

おすすめ記事

  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトマップ

ページ上部へ戻る