menu
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
閉じる
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
  2. 【おつかいもの】について
  3. お中元の由来・起源とは?
  4. 【挨拶】という言葉の由来とは?
  5. お歳暮の由来とは&どんな品物をいつごろ贈るのか
  6. 熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について
  7. マナー講習(実例)
  8. 病院のマナー講習ってどんなことをするの?
  9. お見舞いで気をつけるポイントとは
  10. 魅力的な声とは?
閉じる

心を動かすマナー  rericca.com

贈答の知識:熨斗袋(のしぶくろ)と袱紗(ふくさ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
熨斗袋と袱紗

熨斗袋と水引については、すでにご案内しました。
このページは、その具体的な使い方です。

なお、下の3件のような場合は水引をかけません。
念のためご確認ください。

  • お布施や僧侶へのお礼
  • 火事や災害見舞い
  • 教会での葬儀(一般的には白い包み)

熨斗袋(上包み)の折り方

慶事(お祝い)

まず上を折ってから、下をかぶせるように折る。
幸せが逃げていかないように!と覚えるといいですね。

弔事(お悔み)

まず下を折ってから、上をかぶせるように折る。
悲しみが流れていくように、と覚ておくと忘れません。

袱紗(ふくさ)

昔のしきたりでいうと、現金は必ず袱紗(ふくさ)に包んで、ということになっていました。
現在は簡略されていますが、披露宴・お葬式の場合には使うことも多いので、少しふれておきます。
当然、慶事と弔事では包み方が違います。

慶事(お祝い)

  • 袱紗を広げ、つめ(閉じ口)を右・袋を表にして置く
  • 左から折る
  • 最終的に3角形が左側にくる

弔事(お悔み)

  • 袱紗を広げ、つめ(閉じ口)を左・袋を表にして置く
  • 右から折る
  • 最終的に3角形が右側にくる

ワンポイントアドバイス

結婚式のお祝いとして郵送するときには、挙式1週間前くらいまでに届くようにします。

招待を受けていなのに、1ヶ月前などに送ると、相手に気を使わせてしまうので、
かえって迷惑になる場合があります。

結婚前のあわただしい時期に持参するのも迷惑。

祝儀袋に普通どおり書き、現金書留で送るのがおすすめです。

関連記事

  1. 2月・節分

    手紙の知識【2月】

  2. お歳暮

    お歳暮の由来とは&どんな品物をいつごろ贈るのか

  3. 結婚記念日のお祝い

    結婚記念日のお祝いにはどんなものがあるの??

  4. アレンジメント

    お見舞いで気をつけるポイントとは

  5. 贈答

    贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

  6. 【おつかいもの】について

    【おつかいもの】について

おすすめ記事

  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトマップ

ページ上部へ戻る