menu
閉じる
  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど
閉じる
閉じる
  1. 手紙の知識【2月】
  2. 手紙の知識【1月】
  3. 贈答の知識:熨斗袋(のしぶくろ)と袱紗(ふくさ)
  4. お歳暮の由来とは&どんな品物をいつごろ贈るのか
  5. 長寿のお祝い:傘寿、白寿、卒寿・・・読み方は?何歳のお祝い?
  6. 敬語の基本知識
  7. マナー講習(実例)
  8. 日本の伝統的な喪服の色は白?
  9. 【挨拶】という言葉の由来とは?
  10. 魅力的な声とは?
閉じる

心を動かすマナー  rericca.com

お中元の由来・起源とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お中元の由来・起源

日本の多くの行事がそうであるように、

お中元も、もともとは中国から伝わってきた行事です。

自然への畏敬の念が強い中国では、月の満ち欠けも重要な要素。

満月の15日には、各月いろいろな行事が行われてきたといわれます。

7月15日の中元は、慈悲の神をおまつりする盂蘭盆会といい、

祖先に収穫を祈る農耕の儀礼でした。

それが仏教と融合したあと日本に伝わり、

お供え物をそなえていたところから

やがて贈答の習慣として発達したものだといわれます。

お中元が定着したのは三越がはじまり?!

三越百貨店が「中元」という名前を使って大売出しをし、それが大当たり!

それにほかの百貨店も続いたことから、

日本の伝統行事ともいえるほどに定着したのです。

お中元を贈る時期・期間

気になる「贈る期間」は、地域によっても違います。

関東地方では、7月はじめから7月15日まで。

関西や九州などでは、

ご先祖へのお供え物という意味もあって

7月の終わりごろから8月15日まで、といわれます。

お里帰りなどでお客さまが多い家庭には、

お盆の時期にあわせてみんなでいただけるものにする、

というのも相手のことを思った心遣いといえるでしょう。

 

関連記事

  1. 紅白の折り鶴

    日本における結婚の起源とは

  2. 熨斗

    熨斗(のし)と水引(みずひき)由来と注意事項について

  3. 熨斗袋と袱紗

    贈答の知識:熨斗袋(のしぶくろ)と袱紗(ふくさ)

  4. お正月

    手紙の知識【1月】

  5. 結婚記念日のお祝い

    結婚記念日のお祝いにはどんなものがあるの??

  6. 贈答

    贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

おすすめ記事

  1. 贈答の知識:祝儀袋と不祝儀袋(香典袋など)の表書きなど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトマップ

ページ上部へ戻る